TiDL notes - ver4.1

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

福井をぶらつく

先週末、高校時代の友人達と一泊二日で福井県へ行ってきました。訪れた場所は龍双ケ滝、永平寺東尋坊です。
今回持っていったレンズはNOKTON58mmF1.4SLIIN、AF-S 50mmF1.8G、APO-LANTHAR90mmF3.5SLII。あと旅行なんでどうしても広角が必要になるだろうと言う事でAPS-C専用の16-85mmVRを持っていきました*1


龍双ケ滝の写真はこの一枚のみ。レンズは16-85mmVRを使用。逆光耐性がよくないので、やっぱりフレアが出てます……仕方ないですネ。

続いて永平寺。ここはNOKTON58mm1本で勝負。だけどこういう場で58mmってのは非常に扱い辛かった。やっぱりこれは人撮りレンズだ。

ただ光の周り具合は柔らかくていいかも。光を積極的に取り入れていきたいです。

エッジが不自然にカリカリしないのもGoodだと思います。

2日目。三国神社境内。レンズはAF-S50mmF1.8G。丸ボケは結構綺麗かな。7枚絞りでこれならいいのでは?

ラストは東尋坊。こういう場に出くわすとフルサイズ対応の広角〜標準域のレンズがない今のシステムが使い辛いと感じます。ここで使用した16-85mmVRですが、無限遠でピントが全域で合わない(上の写真もどこかモヤッとしてる)様な気がしてきたので様子を見てダメならSCに持ち込んで直してもらおうと思います。


以上で2日間の写真は終了。撮った枚数は現地削除したのを除いて85枚でした。2日でこの枚数が多いのか少ないのかは不明ですが。

*1:結局APO-LANTHARを使うことはなかったんですが……