読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TiDL notes - ver4.0

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

せともの祭りとか地元ぶらぶら

会社の同期の子がカメラを買ったという事なので、一緒に近場をぶらぶらしてきました。

  • せともの祭り

今回は珍しくポートレートを載せる形で。本来はこういう写真は載せない(もとい撮らない)んですが、

まぁ祭りって事なんで眼を瞑ります(苦笑

さて、この写真。D700に70-300mmVRの組み合わせでストレート現像。以前この組み合わせで人を撮る機会

があったんですが、その時とは随分印象が違います。晴天下で撮ると意外とキレが出てきました。これなら使えそうです。

続いて踊り手さん。パフォーマンス直前の様子です。当然ピリピリしてますネ。

本番、手を突き上げた瞬間の一枚。人撮りはあんまり得意じゃないけど、少しずつ撮る機会を増やそうと思えた一枚でした。

大道芸を見て、なんとなくカメラを構えてたら中の人がこっちに向かってドヤ顔Vサイン。そりゃもう撮ってくれ!と言わんばかりのアピールをしっかりと頂きました。

閑話休題。ここから出たいなぁ……

  • その他

そのまま岐阜県護國神社へ直行。案外どこの護國神社も広いもんですよ。この写真のみAF-S50mmF1.8Gを使用。でもその後すぐに仕舞っちゃいました。

APO-LANTHAR90mmF3.5 SLIIにクローズアップレンズを装着して一枚。
この描写は好きです。でもやっぱり難しい……w

このレンズは光が回り込んでいる時に撮ると輪郭に微妙なハロを巻きます。こういう描写がタマリマセン。いいレンズだぁ。

社務所の外、朱印を書いてもらってる間に一枚。

ここから伊奈波神社へ。35mm版換算値で90mmというのは切り取るのに本当に便利な画角です。

NOKTON58mmに交換して更に撮影続行。F2〜F3.5辺り、芯がありつつも柔らかさを同時に出せるオイシイ絞り値で一枚。

これもF2.5で。
硬くないので、ハイライトが飛んでても嫌な感じにならないのがイイです。

ラストはF1.4。つまり開放状態。このレンズのもう一つの顔ですネ。コントラストが一気に低くなるオールドレンズっぽい描写も楽しめる素晴らしいレンズです。


そんな感じの一日でした。結構枚数撮ったなぁ……