読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TiDL notes - ver4.0

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

一泊二日で東京遠征。そしてイベント参加(その1)

3月2日から3日にかけて、東京へ遠征してきました。実に半年振り。案外空いた期間は短かったです。メインイベントは3日に公演が行われた『水樹奈々大いに唄う参』に参加する為です。

でも折角東京来たなら(神社)散策でもしないとネ。って事で何時も通りカメラと朱印帳を手に23区内をひたすら移動してました。疲れた(笑

では写真を貼っていきます。今回は数が数だけに、はてなに縮小画像をアップし、一部はPhotohitoにアップするという形を取ります。自分のPhotohitoのページはこちらからどうぞ。

東京駅からまず最初に向かったのがここ。元准勅祭神社の十社の内の一つ。それが富岡八幡宮。いきなり本音を言うなら、今回の旅行が2泊3日だったら東京十社めぐりを完遂させたかったのですが、時間的に無理とこの時点で判断。なので行きたい所を行く!と結局何時も通りな流れに。

NOKTONでサクッと一枚。アングルに捻りも何もあったもんじゃない。

絞り開放でクラシカルな写り。この絞りにすればこういう絵が出せる!ってのがあるので、レンズの性格をきっちり理解するのはとても大事な事だと思います。



今回の更新からは朱印の写真も上げてこうかなと思います。体の良いブツ撮り対象なんですが(何

  • 水天宮

その次に参拝したのは水天宮。ここは仮宮に移設されたばかりで凄く混んでて写真どころではありませんでしたのでナシ。

実は妊婦さんに非常に人気のある神社だと知ったのは後の話です。だから自分だけすっごく浮いてました。

  • 芝大神宮

続いてはここ。
知り合いの方がかつて学生時代の時に奉仕してたみたいです。この近くで東京タワーが結構いい位置から見えます。境内からじゃ見えませんが。

そしてこういう構図で撮るとA09NIIの樽型収差が目につきます。写真のはLRで補正掛けてますが。

APO-LANTHER90mmで。もうちっと奥までいけばもっと寄れたとは思いますが、時間がそれを許さない……むぅ、一泊二日じゃ時間制限が厳しすぎる。

町を守る人。APO-LANTHERでキレ味よく一枚。

開放からすっきり描写。クセもなく扱いやすいです。画角的に扱いやすいかはその人次第腕次第。

これといって。三月を弥生と書いてあるのが特徴と言えば特徴?

  • お昼は千成ラーメン

店前を偶然通りかかったので事前情報ナシに突撃入店。結構有名な店だとはいざ知らず。美味しかったです。また行けたら行きたいです。

ここも元准勅祭神社の一つ。閑静な場所にひっそりとある感じでいいですヨ。梅がいい塩梅で咲いてる*1んで、行くなら今の時期で。写真はNOKTON。今回NOKTONとA09NIIを主軸に撮ってました。

絞りをガバッと開けて周辺光量落ちを誘発。アクセントとしては非常に好みです。ピント合わせ辛いけど。

丁度結婚式も執り行われていまして。邪魔にならないように一枚。これとほぼ同じアングルで一枚撮りましたが、それはまたどっかの機会で出すかも。

光も結婚式ムードの境内を祝福してたみたいです。A09NIIで撮影。

そろそろ何か捻りを効かせて撮りたいですね。何かないかな……

*1:個人的には梅なら満開よりも5分咲きぐらいが好き