読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TiDL notes - ver4.0

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

NEX-F3に三角環を装着する

ストラップが痛んできてたNEX-F3用にストラップを新調しました。ARTISAN&ARTISTって所のACAM-102ってモデルです。

DSC_7078

こんな感じに更にシックに締まりました。

NEX-F3のストラップ穴の問題点を解決する

それだけじゃ日記にしません。今回ストラップを新調したのは、それまで使用していたストラップが痛んだからなんですが、その原因はNEX-F3のストラップ穴にあります。NEXは5以上、もしくはNEX-3N(NEX-F3の後継モデル)で三角環になるのですが、NEX-F3はエントリーモデルによくある縦穴で通すモデル。で、その部分が金属製なんです。デザイン上そうしたのでしょうが、こことストラップが擦れてストラップにダメージが蓄積されてしまうのです。しかも角を丸ませたりなんて処理もしてなくてエッジがバッチリ立ってます。これは明らかにその辺の事を考えてなくて作ってないのが丸分かりですよね……ストラップを交換しても根本的な問題は解消しそうにありません。ということで。

DSC_7080

こんな具合にしちゃいました。画像が微妙にブレてるのはご容赦。何をしたかというとNikonの別売の三角環をストラップ穴とストラップの間に挟みこんだのです。こうする事でストラップが擦れてダメになる事象からもさようなら、序に見た目がちょっと格好よくなるおまけ付き。これはグッドです。


ストラップ擦れちゃってどうにもならないよ!って方は是非試してはどうでしょうか?