TiDL notes - ver4.0

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

紫陽花

ちょっと前に入手したKenkoデジタル接写リングを使ってみようということで、紫陽花を撮って来ました。レンズはAPO-LANTHAR90mm。

雫模様な紫陽花

12mmのリングだけでも充分よれます。というか、これが使い勝手的に一番よさげ。APO-LANTHAR90mmとの組み合わせなら、滲み等の描画の劣化も出てませんね。これは使えます*1

蜜を探して

とっさにシャッターを押したので、ピントも外して露出も随分アレな具合に。でもサムネイルで見るならなんとか(汗

DSC_6907

中間リングを全部装着して一枚。ここまで寄って撮る事になれていないのもあって、ただ撮りましたな感じにしかなってませんね。

Kenkoの中間リングは電子接点もあってボディ側から絞り等も完全に制御出来るのがいいですが、正直新品で買う価値はあるのかと言われると『?』かと思います。結構高いので、ちゃんと接写したいならマクロレンズを買った方がいいかと思います。中古で拾えるなら(お遊びとして)いいと思います。

*1:なお、Ai改Nikkor 135mm F3.5S+NEX-F3の組み合わせに接写リングを装着したら大変残念な事になりました……