TiDL notes - ver4.1

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

八島湿原へ

  • 最近風景撮ってない

『あー風景撮りに行きたい。どっか行こう』

そう思い、ひたむきに長野県まで行って来ました。タイトルの通り八島湿原へ。最高の気象条件と最高のスポットに恵まれました。
それでは写真の方をどうぞ。

八島湿原

到着したのは午後三時。最初は朝焼けを撮るんだー!と意気込んでたものの、かなり疲れてたらしく朝焼けをパスし夕焼けを狙う事に。でも平日*1のこの時間に到着……そう、人がいないのです!!

久しぶりに風景撮影で、じっくりゆっくり写真を撮れたんじゃないですかね。

穂咲く道

ここに着た目的は、ススキを見たいなぁってのがありました。時期的にもドンピシャでついついシャッターも無駄打ちが増えます。でもよいのです。風景撮っててテンション上がったのは本当に久しぶりで新鮮な感覚でした。暫く忘れてたんだなぁ……

Autumn Mountain.

最近使い方が全然分からなくなってしまい、『もしかして58mmって画角が苦手になってしまったのか……?あんなに惚れ込んでいたのに』とすら考えるようになってしまっていたNOKTON58mm F1.4SLII N*2。でもそれは杞憂でした。やっぱり最高です。コレ。


これより先へ

テンションが上がってる時は、写真の仕上げも迷わない。スパッスパッと決まります。SIGMA APO 100-300mm F4 EX IF HSMで撮影。

あの家に行こう

奥にぽつんとあるのはロッジでした。あそこを目指して獣道をひたすら奥へ。鹿とか熊が出るんですって。こわい。

原風景

こんな風景に出会いたかった。出会えて嬉しかったです。NOKTON58mm F1.4SLII Nで撮影。

Reverse:World

水溜りが出来ていました。視線はもう下しか向いていませんでした。今回のお気に入りショットの一つです。NOKTON58mm F1.4SLII Nで撮影。


逆光SkyLight.

ススキを撮りに行く。その為だけに下道を250km転がしてきた甲斐がありました。撮りながら子供のようにはしゃぎ、更に奥へ。

夕陽丘

そろそろ夕日かな……少し待ちました。撮りたい風景がそこにありました。真っ赤な夕日に染まる丘。ずっとずっとイメージしていた風景でした。SIGMA APO 100-300mm F4 EX IF HSMで撮影。

湿原は夜を迎える

八島湿原の管理人さんと途中でご一緒させていただいて、散歩しながらの一枚。この撮影ポイントは、ぱっと見つからない場所ですね。やはり毎日いる方は見る場所が全然違います。ありがとうございました。写真はTokina AT-X 235 AF PROで撮影。

そろそろ帰ろう

前日には霜が降り、夜中の気温は-1℃を記録したそうです。もう冬ですね……はやくお家に帰りましょう。

VolksWargen Golf7:Road from VenusLine

帰り際に絶対撮ろうと思っていたポイントで一枚。何も言うことはありません。クルマ好きな方、是非撮りに来ましょう。Tokina AT-X 235 AF PROで撮影。これも今回のお気に入りです。

Go Back to home.

人も待たせていたので、いそいそと足早にビーナスラインを後にしました。
また来ます。

そしてこの後、突然の誘いにも関わらず快諾してご飯を一緒にしていただいたSさん、ありがとうございました。
本当に楽しいひと時でした。またそちらに行く際はよろしくお願いしますっ。

1日目終わり。

*1:金曜日に行きました

*2:最近使うのを避けてました