TiDL notes - ver4.3

クルマと旅行と写真の日記。半分IYH記録簿

【IYH】Venus Optics Laowa Argus 33mm F0.95APOを導入

新年一発目の記事がこれでいいのだろうか

って、もう2月真ん中ですが。毎年恒例の、1月~2月はBlogも写真もサボる時期で定着しましたね。来年もこの時期はサボります(

今年のレンズはじめは、まさかのVenus Opticsから

やっちまいましたよ。目の前を流れていくレンズが悪い
Venus Optics、日本国内ではLaowaといった方が通りが良いですね。CP+とかで気にはしてたメーカーですが実際に手を出すのは今回が初。作例が全然ないですが、このレンズを愛用しているTwitterのフォロワーさん'sが"これは良い"と太鼓判を押しまくり、少しだけアンテナの感度を高くしてました。

予想外なビルドクオリティ

正直な所、ビルドクオリティとかその辺りは全然期待していませんでした。頭のどこかに、やっぱりキワモノの域を出ないものという先入観があったのだと思います。ところが製品を手にしてびっくり。

  • フードの勘合具合が非常に良い
  • ピントリングの質感もかなり高い
  • 化粧箱もキチンとしてる

取り敢えず3点を挙げてみましたが、特にレンズフードの勘合具合が非常によろしくてびっくり。硬すぎず緩すぎず、しっとりしっかりロックがかかり、装着すればレンズとツライチ。これには驚かされました……海外製レンズ*1とかそういうのを置いといても、ここまでのモノを作れるんだという点に驚かされています。少なくとも富士フィルムのそれとは雲泥の差ですね。気合入れて作ってるんだなってのが、感触からも充分に伝わります。

今回のエントリーでは描写云々に言及はしませんが、そのうちレビューを上げたいと思います。あー、また積みレンズが増えちまったじゃねーか……写真、撮りに行かないと。

*1:Venus Opticsが図抜けてると思いますが