TiDL notes - ver4.1

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

D850の初撮影は京都で

という事で、D850を引っ提げて京都へ行ってきました。所用がありカメラを握ってる時間はそんなに長くはありませんでしたが、軽いインプレッションでも。

Coffee Shop

最初の一枚はコレ。京都にある自家焙煎珈琲 カフェ デ コラソンさん。狙って行ったのではなく、近くをふらふらしてて珈琲を飲みたいと思って探して入ってみました。

これがまた凄く良いお店で。雰囲気も素敵、珈琲も非常においしく、また隠れ家的な感じも気に入りました。また行こうかと思います。

で、写真なんですがD850+2470VRにて撮影。なおライブビューかつ静音撮影モード1で撮影してます。要するに電子シャッターでの撮影です。ライブビューもD700の『取り敢えず表示出来ますよ』のモノから随分進化してキチンと使える代物に。Pvを押し込んで被写体震度を確認出来る点とタッチAFが非常に気に入りました。AF速度もブツ撮り程度ならストレスなく使えます。これはレンズにも寄りますけどね。Twitterで散々書き散らかしてますが、本当にタッチパネルとチルト液晶が便利すぎます。この2つがここまで相性が良いとは思ってもみませんでした。ちょっとした衝撃です。

DSC_0168

折角のD850。ISO64で撮らずにどうする!って思ったので撮影。写真の内容に関しちゃアレですが、本当に低感度画質が凄い事になってますね……

手水舎

何時もの感じで車折神社の手水舎をパシャリ。途中までハイライト重点即光を試していたのですが、普段使いなら今まで通り中央重点測光でやった方が自分には都合よかったです。ハイライトをギリギリで飛ばしたくないストロボ使用時*1に有効なのかなとは。

それにしてもD850。全体的にレスポンスが良く軽快に動作してくれます。待つというのを微塵も感じなくて良いのは大変気持ちが良いもんです。記録メディアもLexarの2933xなXQDにしたせいか、連射してもすぐに撮影可能状態に復帰出来ます。やはり高画素機には高速なメディアが大事ですね。

Lightup Arashiyama

嵐山花灯路の一枚。これを撮りに来た……!って訳じゃないんですけど、タイミング的にも重なってたので撮ってきました。感度は2000。24-70VRの手振れ補正の効果もあって手持ちでも余裕です。周りはみんな三脚でしたが……*2
高感度画質も、確かにノイズは載っているのですが不快ではなく完全に使える画質だと思います。ここには掲載してませんが、ISO4000ぐらいまではノイズは全然気になりません。それ以上は試してないので割愛。なお、これだけ暗くてもAFは外す事なくスパスパ合焦してくれます。全AFポイントで-3EVまで検出は伊達じゃないですね。

D850が売れまくってる訳だ

正直、素直にこう感じました。使っていて兎に角快適。レスポンスも良く、シャッターフィーリングもなかなか。静かなんだけどキチンと手に反動が返ってくるレリーズショック。完全に実用になるライブビューモード。カタログからでは読み取れないファインダーのキレの良さ。短時間でしたが『あっこれは気持ちのいいカメラなんだな』ってのが随所に感じられました。どんどん使い込んで、早く自分のモノに仕上げていきたいですね。


あ、D700は継続して使いますよ。やっぱりいいカメラなんでw

*1:ポートレートとかブツ撮り

*2:三脚邪魔ですし何かトラブってた

【IYH】D850が我が家にやってきた

今年一番デカい買い物

DSCF0325-Edit-2

遂にやってきましたD850。ポチったのは10月末なので1ヵ月ちょい入荷待ちという感じでした。年を跨がなかったのは意外でした。発売されてから2ヵ月以上経ってもどこの小売店も納期未定という凄まじい状況です……こんなの久しぶりなんじゃないかな。

今回のボディ更新について

Untitled

D700もまだまだ快調に動いているのですが、今回Nikonファンミーティングを通して欲しくなり、思わず買ってしまったと言うわけです。X-T10やXF35mm F2R、Ultron40mmとお別れしたのはこれを買ったからですね(Twitterでは散々書いてたので今更なのですが)。

で、ストラップはD700に引き続きOP/TECH ProloopStrap。これは迷う必要がないでしょう。重たい一眼レフならばこれ買っておけば間違いないので。アイピースカップは速攻でDK-19に交換。標準品のDK-17Fは汚れが付きにくくいいなぁと思ったのですが、やはり視度が少し足りないのでDK-17c(-3)に交換決定です……DK-17cのフッ素コート版が欲しいです。切実に。

撮影に行けるのはちょっと先になるのですが、今から楽しみです。初シェイクダウンは冬の京都になりそうです。

【IYH】AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRを衝動買い!

遂にやってしまった

24-70VR

まさか自分がNikon純正の大三元のセンター、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRを購入するなんて……!!いまだに信じられません。

切っ掛けはNikonファンミーティングでした

ファンミーティングでD850と24-70VRを装着して試し撮りさせて頂いた時の感触が忘れられず、色々やりくりしていたら何とか購入できるなと算段が付いた瞬間『手が滑りました』。

ってな具合で手元のレンズ群に加わりました。
今回のIYHでバイバイしたレンズはSIGMA Macro 50mm F2.8EX DG。下取り値引きの叩き台としてさようなら……結構使い勝手良かったレンズですし、もしかしたら買い戻すかもしれませんが。

という事で、ちょっと気合入れて写真撮っていきます。

ぐっばいX-T10

いきなり何てタイトルなんだとは思われますが、X-T10とXF35mm、Ultron40mm F2SLII Nとお別れしました。

勿体無いんだけどね

機動性抜群のカメラで、ウチが富士フィルムのカメラにぞっこんになった切っ掛けともなったカメラですが、X-T1を追加してから少しずつ出番が少なくなりX100Sを追加してからは更に出番が……って事で、お別れしました。

で、最後に使ってきたので写真掲載です。

twilight "AquaIgnis"

アクアイグニスでの一枚。レンズはXF14mm F2.8R。X-T10との組み合わせでもやたらと良く写ります。まだまだ現役でイケるボディだと思います。

Orderly

こちらも同じ組み合わせで。源光庵より。軽さって重要なファクターだよねと気付かされたカメラだったなぁと思います。今、手放してちょっと後悔。

coffee

こちらはXF90mm F2R WRとの組み合わせ。確かにフロントへビィですが、それでも維持は可能。カメラの味付けか、X-T1より少し発色が鮮やかなのも好きでした。

ROAD STER

ミラーレス機もイイもんだと教えてくれたカメラでした。バイバイ、X-T10。次のオーナーさんの元で可愛がって貰えたらいいなぁ。勿論、XF35mm F2RもUltron40mmも。


ちなみに。X-T2桁機種はほぼ確実に戻ってきます。X-T20となって復帰予定。なのでハンドグリップは残しました。

【追記】単体版Lightroom6でD850のRAWを開く(Lightroom6.13への更新)

※追記。単体アップデートのDL先が公開されました。
https://helpx.adobe.com/jp/lightroom/kb/lightroom-downloads.html


忘備録的なモノなので、ザクザク書くだけです。書かなきゃ忘れる。

Lightroom6.13でD850のRAWは開ける

Twitterを眺めてて、何かの拍子に調べたらこんなのが出てきまして。
http://blogs.adobe.com/lightroomjournal/2017/10/lightroom-6-13-now-available.html

要約すると、adobeの公式Blogで『Lightroom6.13でD850を公式サポートするよ!Lightroom6は年内まではサポートするよ*1』との事。因みに他機種ではFujifilm X-E3やOLYMPUS E-M10 MarkIIIが公式サポート、限定的なサポートながらRX10M4が対応となっております。Lightroom ClassicCCがリリースされてから単体版のアップデートは6.12で打ち切られたものだと思い込んでいたので、早速試してみました。

なお、アップデートそのものは10/28に開始されてる模様です。

アップデート方法

これが非常に厄介というか、思わず『えぇ……それなの?』って感じだったので。多分これ書いておかないと次にアップデートする時に絶対ハマるので。

まずはアップデーターを起動します。そして画像の画面に移動します。

f:id:Aya_mikan:20171106221135p:plain

赤丸で囲った、Lightroom CC(2015)の方をクリック。ちょっと待て!CCって月額課金制の方じゃん!?ってなりますが、今回は単体買い切り版もこちらのアップデートで正解の様です……ちなみにClassic CCの方をクリックした場合、どうなっても知りません*2

で、結果がこちら。見事にLightroom6.13としてアップデートされました。Lightroom CC限定のかすみ除去などが見当たらないので、間違いなく単体版Lightroom6ですね。Classic CCを契約する前に気付けてラッキー。
そしてこっそりCameraRAWが一気に飛び越して10.0に。勿論D850のRAWもばっちり展開出来ます。後ろで展開してる写真がD850のRAWなんですが、これNikonファンミーティング名古屋での写真です*3


……さて。あと懸念は一つだけ。Lightroom6.13への単体のアップデーターがどこにあるのか、これが全く分かりません。何方かご存知ないですかね?

*1:年末にあと1回アップデートがあるみたい?

*2:こちらはClassic CCに切り替わると思われます

*3:行ってました。カメラ好きなら行って損はないですよ……!

【IYH】スーパーファミコンミニを入手

DSCF0085

発売日にゲット出来ました。どうやら、当日販売分の流通量はかなりあった模様。9月16日の予約争奪戦とは一体……w

本当に小さい

DSCF0088

大きさの比較です。隣に置いたiPhone6とほぼ同じ大きさです。という事は……?

こうなります。手のひらスーパーファミコン。元の大きさを知ってるだけに、これはちょっと笑えます。この中に21タイトル収録かぁ……技術の進歩ってすごいですね(こなみ

DSCF0089

コントローラーのサイズはオリジナルと同じですが、流石にコネクタの形状まで同一とはいかなかった模様*1。これ壊れた時、コントローラー単体で供給はあるのだろうか。ちょっと不安です。っていうか、コントローラーを繋げる為にカバーを開ける必要があるんだけど、この開け方はパッと見てもわからんってww(本体ひっくり返すとすぐわかる)

ま、それはさておきちょっくら遊んできます。
それでは皆さんご一緒に『セレクト押しながらX,X,Y,B,A』

*1:Wiiのコントローラーと同じみたいです

今年の彼岸花

気付いたらもう彼岸花の見頃は終わりに近づいてました。

彼岸乃水短冊

天気も微妙で狙ってたショットが撮れるかどうかも分かりませんでしたが、取り敢えず行ってきました。そして1時間弱で撤退。まぁ朝露に濡れた彼岸花が一応撮れたし良しとしましょうか。今年も巾着田に行けなかったなぁ……orz

淦雫

おまけショット。フジだと飽和しやすい彼岸花の赤色もキチンと残りますね。優秀。