TiDL notes - ver4.2

クルマと旅行と写真の日記。半分IYH記録簿

久しぶりの雲海はDistagon T*2/28ZF.2で+α

撮ってきました。

Dynamic Cloud

本当に久々にCarlZeiss Distagon T*2/28ZF.2を持ち出しました。やっぱハマると楽しいレンズですねコレも。
doc、ありがとねー。また一緒に撮りに行こう!

D850が入院しました&LH-XF23を購入

っても、スクリーン内側にゴミが入ったのでSCでは対処出来ないという理由での入院。1年保証が切れる直前でよかったです。2週間ほど手元を離れます。その間は久しぶりにX-H1をフル活用します。

LH-XF23

そして、XF-LH23を衝動的にお買い上げ。だって擦れ傷一つすらない極上品が目の前に4k以下で出現したら、マスターボール投げますよね?*1で、迷わず確保。欲しかったんだよなぁ、コレ。新品買うと高くて高くて買う気にならなかったんだけど(笑

そんな感じの日々です。ぼちぼち紅葉を撮りに行かないと終わっちゃうぞ??

*1:この表現は正直どうかと思う

再び琵琶湖大橋へ

ちょろっと撮ってきました。雲が邪魔。

Get Ride

トップの写真はCarlZeiss Distagon T*2.8/21ZF.2。絞り開放でピントがバチッときます。広角MF単焦点で絞り開放はピントの位置が分かり辛いとは言いますが、このレンズに関して言えば、それは当てはまらないなと思います。

眩光

この日の装備は、Distagon T*2.8/21ZF.2に加えて、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRと、この写真のAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VRIIの3本のみ。結構割り切りました。そして70-200mm F2.8VRII、旧型になったとは言えこの描写力……うーん、ちょっと頑張って使いこなしてみたくなってきました*1。個人的な感覚として、70-200mmVRIIの美味しい絞り値はF3.5かな……?って気がしてます。もう少し探ってみるつもりです。

Sunrise Bridge

最後の写真は、やっぱりAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRで。安心感がありますコレ。勿論絞り開放で撮影。このレンズは絞り取り払って良いかと思います(過激
そんな10月ラストの写真でした。次はどこに撮りに行きましょうかねぇ……

*1:半年間、ほぼ使わず放ったらかし

【IYH】Fujifilm TCL-X100をゲット

遂にというか漸くというか、手に入れました。

TCL-X100

本題と無関係ですが、PowerShot G5Xのブツ撮り性能って案外悪くないなと思います。

やっと買えたよ

前々から手に入れよう手に入れようと散々公言してきた割に購入に至らず*1、ずるずるとこんな時期へ。これを買う前に気晴らし?にVelbon Ultra Maxi Mini 3を持ち前の手癖の悪さで買ってたりしてました。ミニ三脚を手に入れた後で、何となく気が向いて、みんなの防湿庫ことmapcameraにアクセス。そしたらあるじゃないですか、並品の初期型シルバーがお値段16.8kで!!手持ちのポイントを消化したかったってのも手伝って即ポチ。どんだけ手癖が悪いんですかね……w

届いた個体は、外装はそれなり。光学系も拭き汚れがちょっとあるだけ。お値段考えたら全然OKラインです。にしてもデカい。67mmΦなんて、コンデジのフィルター径じゃないね。

もっと早く買うべきだった

で、この2日間に連れ出して撮ってきました。例によって掲載出来る写真は少ないのですが、TCL-X100のシェイクダウンを意識して、持ち込んだのはX100SとG5Xだけ。しっかり割り切っていきました。

森の境内

場所は白川郷。いやー凄いですこのテレコン。ワイコンの時もそうでしたけど、本体にテレコンを装着してるなって気が全くしない描写なんですよね。本体に直結されている換算35mm F2のレンズと全く同じ描写をします。遠景でのキレ味はまさにそのまんまですね。こういうの有難いです。

Sprite

ガガッと寄り切って接近戦。TCL-X100を装着する事により、最大撮影倍率は0.185倍、ワーキングディスタンスは14cmとなります。最短撮影距離は実測でおよそ25cm付近。スナップやブツ撮りで寄り切るには充分です。絞り開放で寄ると芯がないのも素のレンズと同じ傾向ですので、ちょっと絞るのは鉄則。どうです?結構良いと思うんですよ。

心粋曲がり角

お宿の薄暗い廊下の角ですら御覧の通り。50mm単焦点は非常に苦手な部類なんですが、それでもこのレンズとなら……頑張って仲良くなって行きたいなと思えます。先は長そうですが。

そうそう。この写真のお宿。新平湯温泉郷の『花ごころ万喜』ってお宿になります。貸し切り露天風呂、風情溢れる旅館と美味しい郷土料理、温かみのある宿へ一泊どうですか?大変オススメです*2。何度も泊ってますが、その度に来て良かったなって思える宿です。

TCL-X100はWCL-X100とセットで必須アイテム

2日間振り回した感想はこの通り。28mm、35mm、50mmの3本槍が揃って、スナップシュートに最高のカメラが完成しました。最初、フードもないしダサいだろと思ったのですが、慣れてくればこれはこれでありかな?って感じです。

それでは次回更新まで撮り溜めようかと。次の機材?もう今年はいいよ、買わないよ(フラグではない

*1:新品買うと意外と高いし中古も相場は高止まり

*2:本当にオススメ。大事な事だから注釈でも言った

CarlZeiss Distagon T*2.8/21ZF.2で軽めにスナップ

Slit Sky

と言っても、Nikonファンミーティング2018名古屋の合間に遊んでただけです。

MidNight Street

やっぱり21mmって適度な広角感があって楽しいですね。絞り開放からしっかり解像しますし、色ノリも大変良いです。全く使えてないのでちょっと意識して持ち出さないとですね……もったいない。

それだけの取り留めのない雑記です。

【IYH】Canon PowerShot G5Xを購入

Cnonのコンデジを買った

G5X

えぇ、まさか自分がCanonコンデジを買うなんて思ってもみませんでした。でも消去法でコレになったんですよね。
今回購入に至った理由がこんな感じ。コンデジかミラーレス機かは特に決めてはいませんでした。

  • 現行品で新品が手に入る
  • APS-Cは除外。ぶっちゃけ1インチかm4/3なら良い
  • コンパクト、チルト(自撮り可能)orバリアングル液晶搭載、出来るならEVFが欲しい(なくても良い)
  • コンデジの場合、レンズはズーム倍率より明るさ重視
  • バッテリーのスタミナは考慮しない。USB充電対応は絶対欲しい
  • 予算は最大7万円(ミラーレス機の場合レンズ込み)

こうなった時に、選択肢がSONY RX100M3、Canon G5X、G7X MarkIIぐらいしか選択肢がない**(1インチ搭載で明るいズーム搭載のコンデジは思った以上に選択肢がない)となり、Digic6だけどEVF搭載のG5XかEVFないけどDigic7のGX7 MarkIIかとなった時に、EVFなしのコンデジだと絶対すぐ使わなくなるなるだろうと踏んでG5Xをチョイス。あとの理由は某店で10%ポイント付きで60kフラットで売ってたからという……値段に釣られました(苦笑

レビューはしないけど、軽く触った感想

自分が主に使うのではなく親へのプレゼントなので、ここでのレビューはしない……のですが、短時間触ったのでちょっと感想をば。

  • 結構しっかり作り込んである操作性
  • グリップ感は存外悪くない
  • AFは遅い&抜けやすい
  • 用途を割り切れば結構アリな選択

この4点ですかね。ファンクションの割り振りで露出モードによって割り振れる項目が変化するのは、その一台を色々な人が使う事を想定しているのだろうか、かなり気の利いた仕様になってて好感が持てました。もうちょっと選べる項目が多いと嬉しいですけど。

意外とSONY RX100シリーズ一強になってる市場だなと改めて思いましたね。

彼岸花シーズン突入

Blogサボりまくり&ついでに写真もサボりまくりですが、久しぶりに更新してみます

黒蝶彼岸花

フィルムシュミレーションで殆どVelviaを使ったことがないのですが、今回ちょっと使用してみました。なんだ結構使えるじゃんって印象です。あとXF90mmはこの辺りの絞り値で凄まじい解像力を叩き出す*1ので、切れ味あるパンチの強い写真を撮るにはもってこいですね。

今日はこれだけ。今週末、また某所で彼岸花撮影してきます。サボらなければですが。

*1:絞り開放からもかなりイケる優等生レンズ

にっぽんど真ん中祭りを撮ってきましたよ

やっぱり月イチ更新になりますね。でも月に一回更新してる。褒めて*1

それは置いておいて、にっぽんど真ん中祭り、通称ど祭りを撮ってきました。何気に150-600Sportsでそれなりに数を撮ったのがこれが初めて……どんだけ寝かせてたんだ。

【写真掲載に関して何かありましたらご連絡下さい。無断転載禁止】

DSC_4112

でもごめんよ。先にAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VRIIの写真を貼らせて欲しい(何
実はど祭りで150-600mmは色々な意味で無茶だったと思うんです。あと動体全く慣れてないのもあって、ボツショットの山、山、山……撮ってないとこんな体たらく。

それはさておき、このレンズ結構いいよなぁ……買ってよかった。

DSC_4558-Edit

本題の150-600mm Sportsのショット。ちょっとかなりピン甘いのはご勘弁。AF-Cなんて滅多に使わないから、手探り状態で撮ってました……AFは滅茶苦茶速いんですが、ちょーっと狙ったピントの前後でバタバタしますね。これがボディ側の設定故なのかは不明。癖を掴む必要がありますね。

DSC_4441-Edit

ピントさえ合えば絞り開放からカリカリ。600mm開放でコレならOKでしょう。並の望遠レンズの描写ではないと思います。重たいけど。

DSC_4335-Edit

静止しているならば、当然問題なし。カリッカリなんだけど、ピント面付近は結構好みな描写に。背景がうるさくなりやすい(グルボケする)ので、構図を考える余裕があるなら考慮した方がよいのかも。ところで、ど祭りの踊り手さん達、レンズを向けるや否やこちらにポーズをしてくれるんですよ。嬉しいんですけど、私スタッフじゃないです。

DSC_4896-Edit

中間距離でのショット。どっちかっていうと、More高感度耐性って所。こういうスポーツ撮影*2では、フラッグシップ機が欲しくなるなーって。買わないけど。

ちょっと面白かったので、来年は少し本腰入れて撮ってみようかな。

*1:ダメBlogの典型的なパターン

*2:ある意味間違っちゃいない