TiDL notes - ver4.2

クルマと旅行と写真の日記。半分IYH記録簿

2020年総括。色々ありました。

このBlogに一年の総括を書くなんて今までしてませんでしたが、振り返りも偶には良いかなということで。いやはや、本当に色々あった一年でした。

一人暮らし開始

やっぱり一番大きいのはコレですね。これに纏わる諸々は忘れたいところですが、結果として独り暮らしになったのは正解だったのかなと思います。あのままズルズルいかずに『はいサヨウナラ』をしたのは、今となってはいい判断だったなと。

そして初めての一人暮らし。最初はホームシックになったり寂しくなったりしましたが、それも時間と共に慣れまして。何より実家とそんなに離れてない場所に家を構えたのがまた大きなポイントだったなと。実家にすぐ戻れるとそうじゃないの差は、きっと思った以上に大きいのかなと。一人暮らしの面で不安になるような要素が最初から存在しない*1ので、時間の使い方が固まってきて軌道に乗ればラクなもんでした。今ではすっかり満喫中(笑

自粛下の環境で如何に楽しむか

これですね。今年の予定を何もかも潰してくれた新型コロナです。ただ恨んでも何も出てこないので意識の切り替え。ソーシャルディスタンスが叫ばれる中、如何にして生活を楽しんでいくのかが今年の焦点だった人も多いんじゃないでしょうか?

僕の場合は

  • 料理を楽しむ
  • 部屋作りを楽しむ
  • オンライン通話やSNSを楽しむ

この3つだったと思います。少し掘り下げて書いてみますね。

  1. 料理を楽しむ

一人暮らしが決まった時には既に新型コロナウイルスの感染が本格的に広がってたので『何か楽しみを見つけないと腐るぞ』と思い、元から好きだった料理を楽しむ事に。10年ぐらいサボり期間があったので、リハビリと揃えた調理器具の癖を掴む為に最初は手抜き料理中心で。そして徐々にギアを上げて、年末にはおせち料理を自分で作るぞ!という明確な目標を立ててやってました。これが結構面白くてツボだったので、来年も料理を楽しんでいきたいなと思います。中華料理がやや苦手なので、こっちの方もトライしていきたい所存。

  1. 部屋作りを楽しむ

今住んでる家が3LDK和室付きという、一人で暮らすにはあまりにも広い家ではあります。で、結局部屋が余るんですよね。自室とリビングがあれば生活できますし、一部屋を荷物置き場としてもまだ一部屋余る。ということで、やってみたかった部屋コーデを敢行してみました。勿論賃貸なので、賃貸DIYは禁止。物の配置だけで部屋を作るという事に挑戦。着物という趣味も深まってきたので丁度良かったです。

f:id:Aya_mikan:20201231123116j:plain

こんな感じに。大名衣桁を設置したりしてるうちに、呉服屋さんと色々接点が出来たりして、そういう面でもプラスに働きましたね。現在は客間兼着物部屋として使ってます。もう少しセンス良く配置を覚えたいなと思ってはいますので、それは来年の課題に。

  1. オンラインゲームやSNSを楽しむ

人と会えないとなると、やはりゲームをしながらDiscodeでVCしながらプレイとかですね。と言っても元からゲームは苦手なので、もっぱら麻雀ゲームの雀魂、偶にMinecraftぐらいですが。一人で黙々とプレイするRPGは僕はまるでダメなので、こういうゲームで気楽にプレイ出来る環境があるってのは有難いもんですよね。いい時代になったもんです。Discodeと言えば、オンライン飲み会もちょいちょいと。やれる範囲でやれる事を楽しんでいけばいいかなと感じた一年でした。

そんな感じで2020年は行動諸々変化の大きい一年でした。来年も楽しい事を楽しんでいけたら良いなと思い、〆させていただきます。
皆様、一年間ありがとうございました。少し早いですが良いお年を。

*1:料理洗濯掃除は全く問題ない

【IYH】SIGMA APO Macro 150mm F2.8EX DG OS HSMを入手

突然ですがレンズ購入のお時間です

師走になると手が滑りやすくなるのは本当なんですね(すっとぼけ

はい、という訳で、SIGMA APO Macro 150mm F2.8 EX DG OS HSMを買ってしまいました。入手先はヤフオクで……

だって安かったんだもん

どうみてもダメ人間が言いそうな理由です本当にありがとうございました。

ちなみに14kで落札。普通に考えたら相当ジャンク品レベルですが、届いた商品は極上品でした。三脚座に至っては取り外したままの未使用品という。動作もバッチリOKで超ラッキーでした。
OS無しのバージョン*1を持ってて大変気に入ってますが、取り敢えず2本の撮り比べをしてみたいですね。値段が値段だけに手放さず両方キープだとは思いますが。

なお新たに手に入れた150mm Macroですが、D5300対策のファームが入ったバージョンでした。なのでD850のLvでもAFがキチンと動作しました。これは嬉しい。

いや、レンズ買ってばかりじゃなくて写真撮りに行けよお前……

*1:単に手振れ補正の有無だけでなく光学も変更されています

お出掛け写真

Blogを放ったらかしてる間にも、ちょいちょいお出掛けしてます。勿論カメラをぶら下げて。

霧ヶ峰と嬬恋鹿沢

超が付くぐらい、久々に150-600mm Sportsを持ち出して使った気がします。このレンズ、こんなによかったっけ????*1

山にお出掛けするときは積極的に持ち出してみようかしら。

能登は千里浜へ

でも千里浜ドライブウェイとか全部パスして愛車撮ってたんですけどねっ。これまた久しぶりに登場なAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VRII。24-70VRで撮ったカットじゃないです。

滋賀は旧竹林院

この時はH&Y Filiterの角型フィルターを持って行ったのに、山には忘れたのかと小一時間(ry
紅葉のタイミングを完全に外してしまいました。来年はコロナも気にせずに紅葉撮影に行けたらなぁ……と思います。


その他

XF50mm F1.0R WR。非常に楽しい(重たい)です。まだまだ手探り状態が続いてます。ところでこれ11月下旬の名古屋ですよ……紅葉どこいった。

名古屋港水族館にて。DIstagon T*2.8/21ZF.2も久々の登場です。ぼちぼち写真も撮っていきたい所ではあります。でも炬燵から出られません(苦笑

*1:使わなさすぎ

高ボッチ高原で富士山を眺める

4回目にして、やっと富士山を高ボッチ高原から見る事が出来ました。

このショットと

このショットが結構気に入ってます。レンズはどちらも珍しくAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VRIIを使用。なんだかんだで便利なズームレンズだと思います。

角型フィルターを購入しました。

Twitterでは言及しているのですが、最近H&Y Filter社のリバースGND8とC-PL&ND8フィルターを購入しました。フィルターワークを面倒くさがってる現状を打破するために購入しました。
高ボッチで使用してみましたが、セットアップも早くてなかなかの優れもの……ぼちぼち使っていきたいと思います。

【IYH】XF50mm F1.0R WRを手に入れてF1.0の世界へ

やっちまいました

という訳で、発売日ゲットマンと相成りました。

レンズを買うだけで100ふぁぼ行く世界。こわい(・ω・;)

購入するに至るまで

XF56mmnn F1.2Rもなんだかんだで結構気に入っていたのですが……

  1. 換算85mmがどうしても最後まで馴染まなかった
  2. AF精度に難がありすぎる*1
  3. 絞り開放が事実上使えない(使えるシーンが非常に限定的)

この3点が常にネックでして。そこで降ってわいたようなXF50mm F1.0R WR。作例みてキュンとして、下取りのXF56mmが予想以上高く売れて、まぁ行くかーとゲット。供給不足のお知らせが出てるなか……

ffis.fujifilm.co.jp

まぁあれやこれやと手を使って発売日に入れてもらう事になりました。よい子は真似しちゃだめです*2

使い勝手と作例

さて本題。レンズ単体で845gと、APS-C専用レンズの単焦点としては破格の重量*3で、ぶっちゃけX-H1に装着してもややフロントヘビィになります。が、デカいグリップのお陰でなんとかスナップも出来るという感じです。これ、X-T3やX-T4だと相当しんどいんじゃないかな……という持ってないユーザーの想像です。

作例はTwitterに貼ったのをそのまま掲載。フルサイズが見たい方は、GooglePhotoの方を見て下さい。撮影ポイントは何時もの(っても久しぶりだけど)レンズをテストする巡回コースです。写真は全てJPEG撮って出し、LightroomにてExifの記載のみ、2枚ほど若干トリミングを行ってます。

この辺りで、絞りは絞る必要ないやと判断して、そこから基本的に絞り開放でのショットばかりに。

最後のショットは何時もの場所で。ここだけF1.4に絞りました。


使ってみて、F1.0が完全に実用になるAFレンズかなと。そしてあまり絞る意味がないレンズでもありました。これはなかなかに面白いレンズです。パリッと写るXマウントレンズ群の中ではなかなかの変わり者だと思います。ちなみにAF速度精度共に満足できるレベルでしたが、DCモーターの騒音が凄いので動画撮影には不向きですね。


GooglePhotoはこちら→
FUJIFILM XF50mm F1.0R WR_TestShot - Google Photos

*1:実はボディの最新ファームでAFがかなり良くなりました

*2:購入手続きをしたのは発売3日前

*3:XF200mm F2Rの次に重たい

2020年上半期の写真

はてなBlogにGooglePhotoから写真が貼れないってなったまま放置されているし、どっちみちコロナでロクに写真撮りに行ってないのもあって、たまによくあるBlog放置をしてました。

photos.app.goo.gl

最近の写真のURLを貼っておくので、見たい方はこちらからアクセスして下さい。
それにしたって、AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G EDが便利。玉ボケ内部の年輪ボケも見られない*1し、あとボケ綺麗だし階調もよくて最近レギュラーです。

最後に一言纏めるならば、クソコロナで色々ぐちゃぐちゃです。どっかの大陸に向かって中指オッ立てていきたいと思います。

*1:ロットによっては出るのを確認済み

【IYH】AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G EDをゲット!

まさかこれを買うとは

はい、超久々のNikon単焦点レンズです。しかもマクロだよ。

買うまでの経緯

もう現状の構成に大満足はしているのですが、一つだけ難点が。
前々から言及してるのですが、現状のFマウントのシステムにおいて

  • 標準域単焦点が全てMFレンズであるという点
  • 寄れるレンズがなく飯撮りが不便
  • 比較的小型なAF単焦点が欲しい

ってな状態に陥ってまして。なので要求に合うレンズの絞り込みに入ったのですが

  1. AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
  2. AiAF Micro NIKKOR 60mm F2.8D
  3. SIGMA 40mm F1.4DG HSM Art

意外とないんですよねぇ……35mm以上60mm未満で、これ!ってレンズが。なおTamron SP45mmとSIGMA 50mm Macro、Ultron40mmは今まで持ってたという事で除外してます。上の3本でSIGMA 40mm Artは確かに気にはしてるのですが、デカい、兎に角デカいって事でボツ。そうなると純正の新旧2択なのですが、AiAFの方は探せば安い玉が出てくる、AF-Sの方は中古4万でも微妙なモノしか出てこない……そんなに多用する訳じゃないからなぁと、あれこれ買わない理由を並べ始めてました。ただ描写的にAiAFはガチガチで肌に合わないなと感じたので、AF-Sの方でイイ感じの中古が出たら買うかーという結論に。

で、キャッシュレス決済5%還元関連で狙っていたこのレンズを、某フジヤカメラで見つけてて『買おうかなぁどうしようかなぁ……』と悩んでたら売り切れ。

この時点では、買うことはなくなったなーとネタを噛ましてたら

何とソフマップにて画像を見る限り使用痕跡がないブツを見つけてしまい

速攻ポチでした。お値段4万フラット。4コマでキレイにオチが付きました。なおこの間わずか39分。手癖の悪さだけは相変わらずです。


買ったけどまだお出掛けしてません

部屋でX100Sを置いて1枚。うーん、なかなかいい描写しますよね。

で、早く外に持ち出したいのにこの大雨。正直げんなりです。そういや春先に買ったDistagon T*2/35ZF.2も全然使えてないな……コロナ、まじ許さねぇからな(言ってもしゃーないんですが

そんなグダグダ更新エントリーでした。