TiDL notes - ver4.0

クルマと旅行と写真の日記。たまにカメラ機材の話。

写真の撮り方を忘れつつある滋賀県ドライブ

いやホント。最近どうしたんだろってぐらい、写真の撮り方が分からなくなりつつあります。スランプ?

おしながき

まずは滋賀縣護國神社。いかん、NOKTONの癖すら忘れてしまったのか……ふっつーの撮りました的な写真だぞ。

後光

本殿の中で。EF-610DGの使い方も覚えていかなきゃだけど、肝心な写真の構図が全然沸いてこない……ちょっと辛い。

近江の町を見下ろし

太郎坊宮(阿賀神社)に移動して更に写真。しかし全然切れないシャッター。迷いが凄い……この一枚は742段の階段の途中から、近江の町並みを捻じ込んで。捻じ込み不足感ある。ついでにAdobeAir経由で手に入れたAiAF18-35mm F3.5-4.5EDのレンズプロファイルを適応。

頂きの拝殿を目指す

偶然、二人組みの女性が上に上って行ったので、アクセントとして戴きました。WBは6200ぐらいだった気がします*1

影と光

フレアを使いたいならこのレンズですね。楽です。Σ100-300mm F4 EX IF HSMは本当に買ってよかったと思えるレンズです。あと、この神社で御朱印通算100箇所目、御朱印帳も2冊が満タンになりました!頑張ったけど、どうして始めたのか、今では理由も分かりません。続ける内に動機がどうでもよくなるパターンですね(笑

社務所からの風景

最後の一枚は社務所のベランダから一枚。雪がしっかり降ってたならストロボ焚いて……って感じでしたが、あいにく止んでしまいました(笑

そんな一日でした。にしても超スランプ。どーしよ。

*1:AWBも使わず色温度を直接指定してます。その方が楽