TiDL notes - ver4.2

クルマと旅行と写真の日記。半分IYH記録簿

SIGMA fpを借りて軽くスナップ

本当はFujifilmのXキャラバンに行った話とかX-Pro3をお触りした話とか、円頓寺に着物で散策した話なんですが、全部ぶっ飛ばしてSIGMA fpに関するエントリーになります。

偶然にも借りてしまった

着物で円頓寺を散策してた時に、ふとSIGMA fpをぶら下げた御仁が目に入り、興味が抑えきれずに話しかけた所からです。聞くと、当日*1は名古屋国際センタービルにてSIGMAのイベントがやっていてfpをレンタルできるとの事。歩いて400m。これは借りるしかないと、袴ブーツの出で立ちのまま会場へ真っすぐGo。あ、この写真はその話しかけた方にお手伝いして貰って撮った一枚です。ありがとうございました……!!

借りて試して驚愕して

という訳で借りてみました。めっちゃ小さいし軽い。なんだか写真だけみると玩具みたい。でも、シャッター切ったらモンスターでした……以下、全ての写真がJPEG撮って出しになります。

これですよ。借りる際に、SIGMAのおねーさんから『Tele&Orangeに自信があります!是非これで遊んで下さい!』と言われて、出撃前にセット。そしてシャッター切ったら僕が撃沈しました。なんだコレ、絵が出るぞ。

近くで展示されているLexusも、fpで撮って出しで質感溢れる感じに。これはちょっと衝撃的です。そして45mm F2.8 DG DNの性能も凄いのなんのって……カリッカリなのにどこかウェットな質感。凄い。


SIGMAのカメラは色が出し辛いっていう勝手な印象を持ってましたが、そんなのは幻でしたね。AWBでどんどん欲しい色が出ます。AWBは極めて精確だと思います。そうそう、fpのレスポンスがまた軽快なんですよ。快速なSIGMAのカメラ。ちょっと信じられません。でもサクサクしてます。AFもコントラストAFながら、45mmとの組み合わせではサクサク合います。

シャドーの粘り具合とトーンの滑らかさ。これはイイですねぇ。トーンも『積極的に設定を触ってくれ!』とばかりに触りやすい位置にボタンが配置されてるのも、イイ。

歩行者を撮る。なんでもないワンシーン。でもそれをなんか写真チックに仕上げてしまう。SIGMA fp、恐るべし。作品を撮る、イメージを撮れるカメラです。楽しすぎます。

そして45mm F2.8DG DNの話。ボケ味も周辺光落ちも絶妙な塩梅です。SIGMA fpの小ささに兎に角マッチします。これがレンズキットだっていうんだから、もう笑うしかありません。絶対狙ってるよね、SIGMAさん。

カメラを向けた先のなんでもないものを作品っぽくしてしまう。そんなカメラだなという使い勝手。うん、正直欲しいですね。

ハイライトとシャドーのバランス取りが非常に上手いレンズだと思います。誰にでも扱いやすいレンズに仕上がってると思います。そして45mmってのが個人的にドストライクなんですよね……あぁ、もっと触ってみたかった。

そんなfp体験レビューでした。今、カートにfpが突っ込まれてて正直ヤバいです。ところでSIGMAさん、45mmと同じコンセプトの28mmとか出さないですかね?出してほしいですね??

*1:11/9日