TiDL notes - ver4.3

クルマと旅行と写真の日記。半分IYH記録簿

【IYH】SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM ArtをIYH

ついに買ってしまった変態ズーム

f:id:Aya_mikan:20210904193336j:plain
Fujifilm X100T+WCL-X100

何気に2021年初のレンズでした。勿論これ1本で今年はおしまい。
目の前を通過していくレンズが悪い

"変態"
海外でも"HENTAI"で通じるこの世界共通ワード。カメラ用レンズの場合、どういうレンズに当てはまるのか。

その一本が、間違いなくコレであると思います。ちなみにSIGMAの社長である、山木さん(@KazutoYamaki)曰く

社長自ら売れないレンズってぶっちゃける辺り、やっぱり数は出ないレンズなんでしょうね。でも性能は折り紙付き……そうです。SIGMAの売れないレンズって、ずば抜けた高性能レンズであるケースが結構あるんですよね。150mm&180mmマクロなんかもそうでしたし……

50-100mm Artを購入した理由

  • Fringer FR-FTX1をもっと生かせるレンズを使ってみたかった
  • 室内競技撮影時に、明るいズームは必須である
  • 手振れ補正のないこのレンズをX-H1のIBISを使ってやれば非常に良いのでは?という疑問

主にはこの3点となります。ついでに言えば、全然使わなくて防湿庫に放り込まれてたFujifilm XF35mm F1.4Rが購入時と同価格でドナドナ出来たというのもありますが……
それぞれの項目に対する答えはまた後日に書くとして、取り敢えず装着して部屋の中で使ってみた感じでは、AF速度は予想より速く必要充分、精度は申し分なし。ビルドクオリティは流石のSIGMA SGVラインで文句なし。実機を手にするまで邪魔だろうと思ってた三脚座は、小さすぎて邪魔にすらならなかったのでOKです。

コロナ感染拡大中の昨今では、ロクに写真を撮りに行けないのがもどかしいですが、気兼ねなくお外に行けるようになったらテストしてみたいですね。

2021/09/12追記
なんと、距離エンコーダーが壊れてて修理行き。またしても中古でハズレを掴むなど